スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.31 Tuesday | - | - | -

STERUSS 「q music palarize」



2002年、フルアルバムとしては1stになる今作。
この後にでる「one coin sampler」に収録のIbukuroがHomebrewer's vol.2でフックアップされ知名度がグンっと上がったSTERUSS。
「当時黙殺されていた」とよく書かれている今作でスタイルは既に出来上がっているし、
声がどこか現メンバーと被るFOOKと鬼(現オニギリ)も在籍していて幅広く感じる。
内容は今よりトゲトゲしててメッセージ性の高い楽曲が多く、
続けて聴くと少し疲れる。
でもホントこれで売れても良かった名作。今月末に出る新作にも期待。
2008.01.25 Friday 05:01 | 日本語ラップ : CD | comments(0) | -

スポンサーサイト

2017.01.31 Tuesday 05:01 | - | - | -
コメント
コメントする











<< LUNCH TIME SPEAX 「Blue Print Maneuver(Instrumental)」 | top | STERUSS 「風見鶏のうた」 >>

Profile

VOL.13

VOL.11

VOL.12

Category

Search



Archive



Comment

Demo




stupid fuckin' times(neill remix)
JAIL BIRD(neill remix)
サクラサク(gunjoh remix)
LOST DOPE(gunjoh remix)
音信不通(neill remix)
夜行 / neill
Rokkasho(gunjoh remix)
100 / gunjoh
Largo / gunjoh
Seven Forest / neill
Unsteady Ark / gunjoh
BUT YOU / neill

Link

Mail