スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.31 Tuesday | - | - | -

U-PPER PLAYGROUND 「THIS WORD」



2005年、流通の仕方は不明。恐らく物販や手売りのみ。
私はこのアルバムに参加している3qさんから買いましたが、通販だとそれくらいしか買う方法が無かったと思う。(今は知らない)
このU-PPER PLAYGROUNDは、カラス天狗・SLED・悶チャック・QB-Kという4人のMCからなる集団で、曲を聴いての印象は荒削りなニトロって感じ。
良質な音に驚いたが、それより驚かされたのがMCのSLED。というかSLEDを世に出すためにCD作ったのかな、と思ってしまうほど飛びぬけて良い。
落ち着いたトーンのまま矢継ぎ早に単語を並べ立てる様は圧巻です。
UMB2005のDVDにもSLEDだけ少し映ってたけど、どうやら結果は残せなかったよう。
「フリスタできてナンボ」な考え方も好き。
でも「フリスタ出来ないけど練り込んだ文章は自信有り」みたいなのも好き。
それもまた即興力とは違ったその人の実力ですしね。
別にSLEDがフリスタ出来ないとかでは無く、もちろんそんなことないだろうけど。
なんにせよ、この人の唄い方は気持ち良過ぎ。一聴の価値有り。
2008.01.08 Tuesday 04:02 | 日本語ラップ : CD | comments(2) | -

BUDDHA BRAND 「人間発電所 プロローグ」



1996年、10万枚売れたと言われている7曲入りミニアルバム。
10万という数字は伊達ではなく、所謂さんピン世代の年齢の人なんかの前で
サラーッとブッダの名を出してみると知ってるという人が凄く多い。
また、このCDにはブックレットの仕様が微妙に違うだけのサンプル盤があり、それだけだと別に特筆するような事でもないが、実はサンプル盤にのみDEV LARGEからのメッセージが隠されている。

////////////////////////////////////////////////
俺らをDISした全ての奴等、誰だか分かるだろ
オマエだ。鏡にテメエの面写してよ〜く見てみな
オマエは所詮コップの中の嵐だったんだよ。いやな沼に塡まってる暇はねーのさ

“勘違いMOTHER FUCKA TURN INTOテング
肩書き信じ何処行く孤独SMALL TIME HUSTRER
目先の金離せずハナだけBIGで中身おつかず”

俺たちの足跡を手繰り寄せて
NEXTレベルを目指すILL KIDS達へ

耳腐る程聞いてると思うけどオリジナルを失わず
いつも斬新な発想で確かなものを作って日本のHIP HOPシーンを
作り上げてほしい。目標なくして生きがいなし、一念岩をも通す

闘争無限       ―HUSTLER BOSE―
////////////////////////////////////////////////

某店長も言っていたが、CDデビューしたての人がファンや同業者、シーンに対して、
これだけのメッセージはなかなか書けまへんで。
ブックオフ系に溢れてる時期とかあるんで、どうぞ。
2008.01.06 Sunday 01:54 | 日本語ラップ : CD | comments(9) | -

小林大吾 「詩人の刻印」



間違いなく日本語ラップというカテゴリーではないもののサイトの性格上それに落ち着かせた。
私がこの人を知ったのはタカツキから。2005年nrecordでCDを4枚買うとキャンペーンで特典CDが貰える、という事で、それだけで手を伸ばしたのが1stの「1/8,000,000」。
これが当時の自分にハマって大変だった。
それから2年、待望の新作。一級の芸術品。
休日の午前中にどうぞ。
ムール貝博士言行録
2007.11.20 Tuesday 14:04 | 日本語ラップ : CD | comments(2) | -

Profile

VOL.13

VOL.11

VOL.12

Category

Search



Archive



Comment

Demo




stupid fuckin' times(neill remix)
JAIL BIRD(neill remix)
サクラサク(gunjoh remix)
LOST DOPE(gunjoh remix)
音信不通(neill remix)
夜行 / neill
Rokkasho(gunjoh remix)
100 / gunjoh
Largo / gunjoh
Seven Forest / neill
Unsteady Ark / gunjoh
BUT YOU / neill

Link

Mail